ホーム概要測量設計補償環境総務リンク
測量業(登録第(12)-2265号)
基準点測量・水準測量
GPS・TS・電子レベルなどの測量機器を使用して地球上の位置(座標値)や海面からの高さを正確に測定する測量。地図の作成(平面図)や各種測量の際に基準・基礎になる点として使われます。
(例:国土調査に伴う基準点測量作業)
地形測量(平面測量)
TSなどの測量機器を使用して地上の地物や土地の起伏その他の地形の特徴などを忠実に表現した地形図を作るための測量。
(例:富士山源頭部地形測量)
路線測量
道路など計画路線に沿った細長い帯状地域の測量。中心線測量・縦断測量・横断測量・用地幅杭設置などの作業が含まれる。
(例:国道469号路線測量)
河川測量
各種河川工事の設計施工に必要な基礎資料を得るため、河川の形状、水位、深さ、断面、流速、流量などを測定する測量。
(例:富士川下流部定期横断測量)
海岸測量・深浅測量
海岸、河川、貯水池、湖沼において、音響測探機を使用して水底部の地形を明らかにするため、水深、測深位置及び水位(潮位)などを測定する測量。
(例:富士海岸、田子の浦港深浅測量)
用地測量
測量地区を管轄する法務局等で調査した公図・既存測量図等を基に地番ごとの境界点を現地で確認、測量することにより地番ごとの面積を算出するとともに必要な諸資料を作成する測量。
(例:139号富士改良用地測量)
地籍調査
国土調査の一環として、一筆ごとの土地について、その所有者、地番及び地目の調査並びに境界及び地籍に関する測量を行い、地籍簿と地籍図を作成する測量。
(例:富士市地籍調査事業)